草木染めの服づくり と 日々のこと


by habetrot
a0284404_12413037.jpg



こちらのブログを見にきてくださり、ありがとうございます。

このたび、habetrot のホームページをつくりました。

habetrot HP

2018年からは、
ホームページにお知らせなどしていきますので、そちらをご覧ください。
こちらのブログは、しばらくこのまま残すつもりです。


まだhabetrot という名前もないときに、
草木染めのものづくりをはじめることを決めて、
ある方から、ブログをしたらいいよ!とアドバイスいただいて、
ブログをはじめたのが5年前。
もともとSNSとか発信することが得意ではないし、
私の日常に興味ある方なんているんだろうか?と思うと、
ブログに何を投稿していいのかわからず、
更新もなかなかありませんでしたが、
それでもちゃんと見てくれている方々がいて、
励みになりました。

パソコンもろくにできない私が、
ホームページを自分でつくるなんてとても考えられなかったのですが、
こんなアナログ人間でも わりと簡単にホームページが作れるだなんて、
もう、すごい時代です。


habetrot は最初、草木で染めた毛糸で靴下を編むことを考えていたのに、
(このブログのタイトル、元々は「そめてあみ帖」だったのです!)
いろんな導きがあって草木染めの服づくりが軸となり、
奇跡としかいいようのない経験をたくさんさせていただきました。

今まで起こったできごとには ちゃんと意味があって、
嬉しいことはもちろん、ネガティヴなことも
habetrotをつづけていくために私に必要なことだったと思っています。
その意味に気づけたのは、幸せなことです。
habetrotをはじめてから、本当の自分に出会うことができました。

これからも、habetrot は服をつくりつづけていきます。
しなやかに 楽しみながら、私らしいやり方で。

これからもどうぞよろしくお願いします。









[PR]
# by someteami | 2018-01-07 01:11 | information

happy new year

a0284404_10222002.jpg

光に満ちた1年となりますように。

2018年も habetrot をどうぞよろしくお願いします。


いつもように 初日の出を自宅から見ました。
今日の太陽もとても強い光を放っていました。
もっと堂々としていよう、そう新年の誓いをたてました。

[PR]
# by someteami | 2018-01-01 22:22 | notes

habetrot のこと

habetrot (ハベトロット) という名前は、
スコットランドに伝わる 糸つむぎの妖精の名からいただきました。

妖精ハベトロットが つむいだ糸でつくった服は
いろいろな病気を治す力があると言い伝えられています。
妖精 と聞くと、小さくて可愛らしいものが頭に浮かびますが、
ハベトロットは、とってもやさしいお婆さんの妖精だそうです。

私も、おばあちゃんになっても変わらず、ものづくりを続けていたいです。

私が布を染めて、仕立てた服が
着る人の病気を治せるわけではありませんが、
私がつくったものが、
少しでも、みなさんの日々の暮らしを
気持ちよく、豊かにすることができたら幸いです。
[PR]
# by someteami | 2017-11-11 11:11 | about
a0284404_21354727.jpg

a0284404_21360611.jpg

a0284404_21363058.jpg

a0284404_21365885.jpg
先週の満月の日に、
ベリーダンサーのmelekさんが、habetrotの服を纏い、
夕暮れの庭で踊るライブが上演されました。

私はどうしても観にいくことが叶わなかったのですが、melekさんが写真を送ってくださりました。

うつくしいmelekさんに うっとりです。

ワンピースの色に合わせて、コトリ花店さんが拵えてくださったという髪飾りとアンクレットもとても素敵。

会場となった 東京 小平市の草舟あんとす号の店主さんも、この素敵なライブの様子をお知らせくださって、
観に行くことは叶わなかったけど、雰囲気をちょっと感じることができました。

いつか、直接ライブを観られますように。
私の新たな夢です。




[PR]
# by someteami | 2017-11-09 22:22 | notes
秋深まるころの満月の日の、素敵なイベントのお知らせです。

トルコ語で「天使」という意味の名をもつ、ベリーダンサーのmelekさんが
habetrot の草木染めの服をまとって踊ってくださります。

melekさんとの出会いは、6月の草舟あんとす号さんでの受注会のときでした。

6月と9月に受注会をさせてもらった草舟あんとす号の店主さんと
春に、私の住む大阪で再会したときに、
「メレクさんっていうベリーダンサーの女の子がいるんだけど、
メレクさんにhabetrotさんの服を着て踊ってもらうのいいんじゃない?」
といわれていたのですが、
その時の私には、ベリーダンスはセクシーなイメージしかなくて、
habetrotの服を着て踊ってもらうだなんて想像もつきませんでした。

6月に受注会で訪れた東京で、
たまたま目にした冊子にmelekさんが載っていらして、
ベリーダンスは、古代から大地豊穣や生命賛美のために踊られてきたとても自然な踊りだということ、そして妖精のような容姿のmelekさんに、
ベリーダンスに対する私のイメージはくつがえされました。

その翌日、偶然にも私の受注会にmelekさんが来てくださったのです。
habetrotの服を試着して、少し踊ってくださったmelekさんを見て、
あぁ、いつかmelekさんにhabetrotの服を着てライブで踊ってもらえたらな、と
草舟あんとす号さんの言葉を思いだしながら、ひそかに夢みていました。

それから数か月後、その夢が叶うことになりました。

残念ながら、私はうかがえないのですが、、、
Holy gardenと名づけられたあの場所で、Sully Lunnさんの古楽器の生音と、
草木染めの服をまとったmelekさんの踊り、
すべて自然のものからうまれる魔法のようなひとときを、ぜひお楽しみください。


----------------------------------------------------------------------------


Melek ・ Sally lunn キャンドルライブ
「夕暮れの庭に踊る 妖精と魔法の時間」


2017年 11月4日(土)満月〇 15:30~日没

●雨天中止
小雨の場合は15分程度の投げ銭ミニライブを予定。詳細はお問合せ下さい。


〇場所 Holy garden /Chloéの庭
(コトリ花店・アトリエコナフェ・植物の本屋草舟あんとす号の庭)
東京都小平市小川町2-2051


〇入場料 スタンダード 1500円 お茶、お菓子つき 2000円


夕暮れのころ、あつまった皆さんと一緒にキャンドルを灯します。あたたかな明かり、踊り、音楽とともに、夜とお月様をむかえましょう。


☆同日10時半〜15時 会場にてパンフェアが開催されます。あわせてお楽しみください。


【ご予約・お問合せ】草舟あんとす号
TEL:080-1330-5452
(11:00-18:00、水木定休)
メール:books@kusafune-anthos.com


〇アクセス
JR武蔵野線 新小平駅  徒歩6分
西武国分寺線 小川駅  徒歩8分
駐車場あり






melekさん      (踊り) →  

Sally Lunnさん   (音楽) →  

草舟あんとす号さん (場所) →  





[PR]
# by someteami | 2017-10-10 00:00 | information